Bust care バストケア

メインイメージ

美しいバストを育てる食材

food designer / model田中 知彩都

美しいバストを手に入れるための食育

美しいバストを手に入れるためには、マッサージやエクササイズはもちろん大切ですが、食事もとても大切です。必要な栄養素と、ハリのあるバストを育てる食材のことをより深く知っていきましょう。美しいバスト作りには女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンがきちんと分泌され、本来持っている力を発揮できるような土台作りをしていく事が大切です。

detail1

美しいバストを育てるために必要な栄養素

意識して摂りたい栄養素と、その栄養素が含まれる食材をご紹介いたします。

1. 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分が含まれ、乳腺の働きを高め、バストアップに効果的な事で有名です。
1日50gを目安に大豆製品を摂るようにしましょう。

[食材]大豆、豆乳、納豆、豆腐など

2. ボロン

ミネラルの一種であるボロン。女性ホルモンのエストロゲンの血中濃度を高める働きがあります。熱に弱いので、サラダなどできるだけ生の状態で食べる事をおすすめします。

[食材]キャベツ、りんご

3. オメガ3系オイル

オメガ3系オイルは女性ホルモンを作り、身体の機能をバランス良く整える効果があります。
たくさんの種類があるオイルの中でも、特にアマニ油に含まれるポリフェノールの一種であるリグナンは女性ホルモンを整えると言われています。熱に弱いので、サラダなどにそのままかけるのがおすすめです。

[食材]アマニ油、えごま油

4. ビタミンA.C.E

この3つのビタミンは、ACE(エース)とも呼ばれ、相互に効果を高め合うビタミンです。
バランス良く摂って、ハリのある美しいバストを目指しましょう。

ビタミンA.C.Eを含む食材
[ビタミンA]人参、かぼちゃ、バジル、シソの葉など
[ビタミンC]オレンジ、レモン、赤ピーマン、ブロッコリーなど
[ビタミンE]かぼちゃ、アーモンド、アボカド、パプリカなど

美しいバストを育てるためのレシピ

detail2

大豆のスパイスカレー

ルーを使わずスパイスのみで作る、大豆たっぷりのスパイスカレーです。
トマトやヨーグルト入りなのでマイルドな辛さです。パウダーのスパイスを使えば手軽に作れるのでぜひ作ってみて下さいね。

美しいバストを育てるために使った食材…大豆(大豆イソフラボン)

材料 (3-4人前)
  • ・生姜

    2かけ

  • ・にんにく

    2かけ

  • ・玉ねぎ

    大1コ

  • ・鶏ひき肉

    300g

  • ・コリアンダーパウダー

    大さじ1

  • ・クミンパウダー

    大さじ1

  • ・ターメリックパウダー

    小さじ1

  • ・トマト缶

    1缶

  • ・ヨーグルト

    150g

  • ・大豆の水煮

    150g

  • ・ガラムマサラ

    適量

  • ・塩

    適量

  • ・こしょう

    適量

  • ・パクチー

    適量

作り方

1. 鍋に油、生姜、にんにくを入れて中火にかけ、香りが出てきたら、みじん切りにした玉ねぎを入れ、茶色くなるまでじっくり炒めます。(濃いめに色づくまでじっくり炒めるのがポイントです)

2. 鶏ひき肉を入れ、全体に火が通るまで炒めます。塩、こしょう、コリアンダーパウダー、クミンパウダー、ターメリックパウダーを入れ、さっと炒めてヨーグルトとトマト缶、大豆の水煮を入れたら弱火〜中火でコトコト20分煮込みます。

3. 仕上げにガラムマサラ、塩、こしょうで味を整え、ひと煮立ちしたら完成です。
お好みでパクチーなどをトッピングして下さいね。

detail3

紫キャベツとオレンジのマリネ

栄養たっぷりの野菜とフルーツを合わせたマリネです。
オレンジは果肉だけでなく果汁もしっかり使い、爽やかな香りのマリネです。カレーの付け合わせに食べると栄養バランスも良くなります。

美しいバストを育てるために使った食材…紫キャベツ(ボロン)、人参(ビタミンA)、アマニ油(オメガ3)、アーモンド(ビタミンE)

材料 (3-4人前)
  • ・紫キャベツ

    1/4個

  • ・人参

    1本

  • ・塩

    小さじ1/2

  • ・オレンジ

    1個

<トッピング>

  • ・アーモンド

    適量

<マリネ液>

  • ・アマニ油

    大さじ2

  • ・塩

    適量

  • ・こしょう

    適量

  • ・粒マスタード

    小さじ1

  • ・レモン汁

    大さじ1

  • ・オレンジ果汁

    大さじ2

作り方

1. 細切りにした紫キャベツと人参、塩をボウルに入れ、手で良く揉みます。15分おいたら手でぎゅっと絞り、水分を出します。

2. オレンジは皮をむいて房から実を取り出します。残った果汁を絞ってマリネ液用にとっておきます。

3. マリネ液の材料を全て別のボウルに入れて混ぜ、1.2と合わせて軽く混ぜたら完成です。

detail4

豆乳プリン

プリンには牛乳が一般的ですが、今回は豆乳で作ります。バニラなどは入れず、シンプルな材料だけで作った昔ながらの固めのプリンです。

美しいバストを育てるために使った食材…豆乳

材料 (3-4人前)

<プリン液>

  • ・全卵

    1個

  • ・卵黄

    1個分

  • ・砂糖

    30g

  • ・豆乳

    160g…A

  • ・砂糖

    10g…A

<カラメル>

  • ・砂糖

    15g

  • ・水

    5g

  • ・お湯

    10g

お好みのフルーツ、生クリーム、ハーブなど

作り方

1. カラメルを作ります。小鍋に水と砂糖を入れ、鍋をゆすって砂糖を溶かし(ヘラなどで混ぜないこと)、全体的に濃い茶色になったら火を止め、お湯を加えて鍋をゆすってなじませます。お湯を加えるとき、はねやすいので気をつけて下さい。すぐにプリン型に3等分にして、粗熱をとります。もしカラメルが固まってしまったら、また弱火にかけて溶かしましょう。

2. プリン液を作ります。鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったら火を止めます。

3. ボウルに卵、卵黄、砂糖を入れ、泡立て器で混ぜます。(泡立てると“す”が入りやすくなるので、すり混ぜるように混ぜます)ボウルに、2を少しずつ入れて混ぜます。ざるでこし、カップに3等分します。

4. 湯せん焼きをします。カップを天板(もしくはバット)にのせ、天板の半分くらいの高さまでお湯をはり、140℃で10分、130℃に温度を落として20分焼きます。中央に竹串を刺してみて、プリン液が出てこなければ完成です!粗熱をとって冷蔵庫で冷やします。そのままでもおいしいですが、ぜひ、生クリームやお好きなフルーツと一緒にお召し上がり下さいね。

田中 知彩都

food designer / model田中 知彩都

祐成陽子クッキングアートセミナー・フードコーディネーターコース修了。2012年にパン屋さんamicidelteをオープン。2013年には羽田空港に2店舗目をオープン。2014年、店舗経営の傍ら、おやつユニットOnakaとしての活動を開始。2018年、出産を機に売却。現在の活動はオーダーメイドの焼き菓子製造、ケータリング、メニュー開発やスタイリング、ママ向けの和菓子教室、おやつ教室、コラム執筆、モデルなど多岐に渡る。おやつユニットOnakaとしても、マーケット出展やオリジナルクッキーなど展開中。

撮影協力:コナスアンティースク(北参道リース店)