キャリア採用 先輩の声

2008年キャリア採用  管理本部 ファイナンシャルプランニング部 勤務 坪根 香織 つぼね かおりKAORI TSUBONE’S VOICE

「自分の分析が、会社の意思決定につながる」というやりがい

  • 会計学の経験を活かし、新たな環境でのチャレンジ
    会計学の経験を活かし、新たな環境でのチャレンジ

    大学時代からアメリカの大学で会計学を学び、その後、現地の会計事務所に勤務し、5年間監査を担当していました。
    私事で日本へ帰国することになり、これまでの経験を活かしつつも新たなチャレンジができる仕事に就きたいと思っていたところ、その望みと環境がすべて合致したのが、トリンプで当時立ち上がったばかりのファイナンシャルプランニング部でした。
    望んでいたとはいえ、前職とは全く異なる仕事内容や環境に少なからずも不安はありましたが、トリンプのオープンな雰囲気が背中を押してくれ、新たなチャレンジをすることができたと思っています。現在は経営に直結する部署で、日々の仕事を通じて学びながら経験を積み、常に変化のある仕事ができるのでとてもやりがいを感じています。

  • 会社の意思決定をサポートできる誇り
    会社の意思決定をサポートできる誇り

    中途で入社して3年目の私が担当している業務内容は、予算管理やビジネス実績予測作成のサポート、スイス本社へのレポーティング、社内外の会計データの分析(投資にあたっての投資価値のレビューや、店舗の分析、新しい取引に関してのシミュレーション)など多岐にわたります。

    様々な会計データを分析し、意味のある情報に変換することで、会社の利益を上げるための問題を提案し、会社の戦略を予算や業務予測に反映して進捗をトラックしていきます。常に数字を扱う正確さが求められることは当たり前ですが、意味のある分析や情報を提供するために各部署への理解を深め、社内外に常にアンテナを張っておくことが必要だと感じています。また、数字ひとつにも様々な部署や人が関わっていて、各部署が連携して利益を生み出していかなければいけないのだということを痛感しています。これはトリンプに入社して芽生えた思いです。「各部署の真のビジネスパートナーになる」という目標のもと、ビジネスの意思決定のより良いサポートができるよう努めたいです。

  • ユニークな社風とフレキシビリティにあふれた働き方が魅力
    ユニークな社風とフレキシビリティにあふれた働き方が魅力

    トリンプにはユニークな社風があり、それが魅力です。
    例えば、世相を反映したブラを作ったり、社内発信のイベントでギネス記録にまで挑戦したりしています。通常の業務以外で新しいことにチャレンジできる機会も多く、ギネス記録への挑戦では私もセクションリーダーの一員として参加、全社イベントでは司会に抜擢されるなど、これまでにない新しい経験をしました。

    ユニークな社風というのは会社の組織の風通しの良さの現れなのでしょうか。上司や同僚とのコミュニケーションがとりやすい雰囲気、フレックスタイム制の導入などフレキシブルな環境なので、女性がとても働きやすい企業です。子育てをしながらキャリアアップをしている女性社員も多いので、将来出産や育児を視野に入れている私にとってはキャリアプランも見えやすいです。
    トリンプに入社したことで、人に恵まれ、多くのことにチャレンジできる。それが私の日々の充実に繋がっています。

キャリア採用
  • 募集要項
  • 先輩の声

お問い合わせ